スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エリック 



エリック(ゾロアーク♂)

24歳、175cm。一人称は衝撃の僕。俺安定だと思われていたのに。
視覚の支配者ゾロアークの中でも特に優れたイリュージョニスト。ライマンド以外なら確実に騙せる。
どうでもいいけど美声。

おそらく穏便派の中では一番深い闇を背負っている。大好きだった両親が9歳のときに殺され、その数ヵ月後に縄張りを焼かれている。どちらもシンオウ軍の仕業だと知って、顔も知らない連中をひどく憎むようになった。
憎みはしているけれども復讐心が芽生えることはなく、自分ひとりで彼らと戦おうとしたところで返り討ちに遭うだけなので、護身程度の剣術と幻影で適当に生きていた。盗みを働いたりもしましたが、あとからこっそりお詫びをしています。
あてもない旅を始めたのは18歳から。そこそこ様になってきた剣術で身を護り、特に大きな事件も起こさずぶらぶらとイッシュを彷徨っていました。
優しい性格から人を見放すことができず、道端で困っている人を助けたりもしました。謝礼なんか受け取る気はなかったけど、だんだん同じ台詞で断るのが嫌になってきて、渡されたものはすべて受け取るようになった。素直じゃないだけでお人好しなんです。
一度自分によくしてくれた女性に恋をしたことがありますが、恋なんか楽しんでもしょうがないからと自分から突き放しました。
そんな彼がレジスタンスのチームに入ったのは、偶然ケサーリたちがシンオウ軍と戦っているのを見たのがきっかけ。もちろん最初は「ムダに介入して怪我でもしたら面倒だ」と無視するつもりでいたけども、トラウマを前にして戦力をほぼ失ったケサーリを見て、持ち前のお人好しで居ても立ってもいられなくなり助けてしまいました。
お陰でシンオウ軍を追い払うことができた。なので「是非チームに入ってよ」と誘われましたが、エリックとしてはまだのんびり旅を続けていたかったので、連絡先だけ教えて立ち去りました。
「何かあったら呼べ」と抽象的すぎる言葉を残したため、ちっちゃいことで呼び出されていいように使われてる。



負けず嫌いさん。常に自分が優位に立ってないと気が済まない。なのでライマンドに敵意むき出し。
よくおちょくられてますが、ぶっちゃけそれもあまりよく思ってない。でも自分がおちょくられて周りの空気が軽くなるならまぁいいか…と思って結局やられたい放題。
自分もおちょくる側に立ちたいので、ニコルみたいにどう足掻いてもおちょくる側に立てないヤツは格好の的です。
普段はチームにいないのであまりよくわからないけど、一応仲間意識はある。じゃなきゃくだらない用事で呼ばれてわざわざ来てくれたりしないでしょう。お人好しなので「そのくらいなんとかしろ」とか言えない。言えたとしても結局来てしまう。
戦闘に自信があるわけではないですが、根が負けず嫌いなので負けると悔しい。でも言い訳をしたりはしないです。口にしないだけで頭のなかでは色々ぐちぐち言ってるんですがね(ぁ
挑発とかにはものすごく弱い。

サロメの猛突進には若干の嫌悪感を抱いているけれども、「ああ、寂しかったんだな」ってかんじで割と受け入れている。でも願わくばやめてほしい。なつかれてるのをいいことに振り回してみたりもする(滅
ひとりでいることのほうが好きなので、他よりは仲がよさげなギルバートとも距離を置いている。



エリックもまたケサーリに救われた人間であり、彼には他に打ち明けない本音をこぼしていたりする。
そんなことしなくても心を読まれるんだけど、自分の口から言ってみたいんです。今まで愚痴をこぼす相手もいなかったので余計に。
復讐という言葉に取り憑かれている過激派のメンツをちょっと心配している。
スポンサーサイト
[ 2006/01/29 23:24 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)

サロメ 



サロメ(ウルガモス♀)

年齢不詳。でも我が家では伝説を抜かすと間違いなく最年長です。5桁はいってると思われる。
153cmの低身長さん。せめてあと5cmでいいからほしかった…
外見何歳かは決めてないですが、多分20代前半くらいじゃないかな~。

古代の城が栄えていた時代に、繁栄の裏でひっそりと育てられたウルガモス。永い永い時を「家」の中で過ごした。家が崩壊して外の世界へ踏み出したのは50年ほど前。
家にいたときは外の世界への憧れは一切持たず、逆に争いが絶えない世界へ恐怖心をいだいていた。どうやら昔から臆病者だったようです。しかし家が崩壊したことによりそうも言ってられなくなったので、怯えながらイッシュを歩き始めることに。
途方も無い旅に出てすぐの頃からちょっとした争いはあったけれども、今は「あのときはまだ平和だった」と思ってる。少なくとも昔は自分まで戦わなきゃいけなくなるなんてことはなかった。

家の中では毎日変わらない時間を過ごしていました。
起きてごはんを食べて遊んでごはんを食べてお昼寝して遊んでご飯食べて遊んで寝て。毎日それだけ。真っ白な空間の中で積み木やあやとり、けん玉などをして遊んでいました。毎日毎日そんなことして虚しくないのかって話だけど、何があるのか予想もつかない外の世界に出るくらいならこういうことしてるほうがマシだと思ってたようです。
なぜか生まれたときから一緒にいたメラルバも同じ部屋で育ったので寂しくはありませんでした。人間ではなく原型のメラルバ。サロメとのみ会話することができます。

サロメという名前は、外の世界に出て最初に出会った人物であるケサーリに名前を聞かれてとっさに答えてから名乗るようになった。本当の名前もあるんだろうけど、今はとりあえずサロメ。名無しとか偽名とかじゃなく、ただ単にあまりにも呼ばれなさすぎて本名を忘れてしまっただけです。
サロメ=平和。とっさに名乗った割には、争いを嫌う彼女にはよく似合っている名前です。



可愛い・カッコイイ・面白いなどとにかく個性的な子を見つけたら絡みに行く。老若男女問わずちゃん付けで可愛がる。我が家だとミリアンちゃん・ライマンドちゃん・ロベルトちゃん・ヴィレムちゃん・ゼーレちゃん・エリックちゃんがターゲット。ヴィレムちゃん以外は本人が「やめろ近づくな」って言うだけだからいいけど、ヴィレムちゃんの場合は手を出したらロベルトちゃんが怖いから迂闊に手を出せない。一番恩があるように思えるケサーリをちゃん付けしないのは、彼に対する感情は憧れであって可愛がるとかではないから。
ケサーリに会うまでまともに他人と付き合っていなかったから、その反動だと思われる。たまに自分のことをサロメちゃんとか言ったりするけど、ただのノリであって自分が可愛いと思ってるわけじゃないです(ん
今だからちゃんと人と話せるけど、昔はまともに話せたモンじゃなかった。「え、あ、うぅ…」とかそんなモン。徐々に慣れていきましたが、まだちょっとぎこちない気もする。

争いが嫌いなのは、自分が死ぬとか相手を殺すとか仲間が殺されるとかが怖いから。トラウマがあるわけではない…と思っていたけれども、ゼーレと出会ってからはそうも言えなくなった。
フェリシアという名前で生きていた前世は争いにより何もかもを失い、生きる希望を失って自害している。フェリシア(Felicia)=幸運。決して幸運な人生ではなかった。
その話をゼーレがサロメの魂から聞き出し、ゼーレが本人に話した。出会う人すべてが敵に見えたり、何をするにも臆病な性格が見え隠れしたりするのも、これが原因なのかもしれない。



決して幸せな生き方はしていない彼女だけれども、自分によくしてくれる仲間がいる今はとても充実していると思ってる。
永い時を共にしたメラルバは今はウルガモスとなり、今も姿を変えてサロメのそばにいます。
[ 2006/01/06 13:41 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)

スローン 



スローン(ポカブ♂)

享年12歳。しかし精神年齢はどう考えても12歳を超越してる。
ケサーリを支える玉座として生まれた子。何もなければ、王冠の子エステバン、皇帝ケサーリと共にイッシュの頂点に立つはずでした。
ふたりよりも1つ年上。なので兄貴分のような存在でした。ケサーリにもエステバンにもよく懐かれていました。

性格は至って誠実で、一族の人間として不足はない。いつも落ち着いている。
相手が誰であろうと正面から向きあう。優しくて強い人。しかし照れ屋な一面があり、態度には表れなくとも内心戸惑っているということが結構ある。なんだか可愛いヤツ。
エステバンの姉のアデラが好きでした。でもそれは誰にも言ってない。普段の態度がアレなんで周りの人も知らなかったと思われる。ちょっと顔が赤くなるくらいならあったけど他の人におちょくられてもそうだった。
カッコ悪いところは極力見せたがらない人。でも幼馴染にならどんな姿見せてもいいかぁと思っていたようです。
一族の男性はみんなそうでしたが、外の人間に対してと一族の人間に対してとでは一人称が違いました。気を抜いても大丈夫なところでは「俺」、それ以外では「私」。
ケサーリはその名残があります。

その溢れる優しさと強さにより最後まで一族に尽くした。一族が屋敷を捨てざるを得なくなってなお中枢の玉座に残り、敵を迎え入れました。
彼の強い意志は敵軍さえ揺さぶり、彼の死後は軍を抜ける兵士が続出しました。
これが一族です。

幼馴染、両親、使用人、愛する者のために散った彼は間違いなく一族の英雄です。
自分の恋心も伝えられず、残酷な運命に翻弄され、報われない生き方をしていた彼ですが、おそらく幸せな人生だったんじゃないでしょうか。



生きていれば今27歳。おそらく相変わらずのいいお兄さんとして育っていたでしょう。
エステバンもケサーリも、スローンやアデラの死はもう悔やんでいません。いつまでも引きずっていては彼らも安心して眠ることもできないでしょう。
[ 2005/12/27 08:43 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)

ケサーリ 



ケサーリ(ジャローダ♂)

26歳の男とは思えないくらいひょろ長い。女顔で声も女。趣味は女装。
一族が滅びなければ王冠の子エステバン・玉座の子スローンと共にイッシュの頂点に立つ皇帝になるはずだった子。自分が皇帝になれなかったのはもうどうでもいいけど、一族の滅亡は非常に悔やんでいる。
歴代の皇太子の中でも特に優れた能力を持っている。

物腰柔らかい優男。どんなときも慌てない。ただし面倒臭がりなので働きもしない。昔はこんなんじゃなかった…
戦争ですべてを失ってからなにもかもが虚しく見えた。なのでなにもかもほったらかしにしたらこうなった。こんなんでもエステバンと再会してからは少し働くようになったんです。
怒っても絶対に口調や表情を変えないので、その場にいたらまず怒ってることに気付けない。でも調子に乗ったらあとから仕返しする。あとから仕返しする。一番嫌なパターンです。
幼い頃は、自分の周りには教師かエステバンかスローンかエステバンの姉しかいなかった。今生きてるのがエステバンだけなのでやたらとエステバンひとりに懐いてるように見えるけど、他の人が生きてればその人たちにも厚い信頼を寄せていたはず。
今のチームの人間も信頼してないわけじゃないけど、一緒に生きてきた一族ほどじゃない。それほどに一族を誇りに思っていたんです。

読心術に秀でる。心を覗いて癒す力がある。永い時間を「家」の中で過ごしてきたサロメの、幾重にもかけられた心の扉の鍵を開けたのはこの人。こんなヤツになんて心開くもんかと思われても、いつの間にか開いてしまうような人。さすがに初めましてで心を覗くのはムリだけど、時間さえあればどんなに硬く心を閉ざした人でも打ち解けあうことができる。
英才教育とかじゃなく、生まれ持った才能というか。ほぼ同じ教育を受けたエステバンにもできない芸当です。
この力により様々な人を救ってきた。けれどもゼーレのように魂に話しかけるわけではないので、本人の知らない前世や失った記憶を探ることはできない。あくまで覗くのは心。



何をするにも落ち着いているので、冷静にその場の状況を分析することができる。
真剣になれば驚くほどかっこいい。真剣になれば。
ライロベに会うまでは武器の扱いを知らなかったエステバンと違い、小さい頃からそれなりに戦い方は仕込まれていた。なのでロベルトさえいなければエステバンより強かった。ロベルトェ
ギルバートにも少しだけ教わったことがあります。でも仕事とは別だから全然教えてくれなかった。あーもうどうでもいいやそのうち慣れるんじゃないかで終わらせられた。
でもリーダーを務めるだけのことはあります。エステバンがイッシュ防衛を任せる相手として真っ先に選んだのがケサーリ。イッシュを強く想う気持ちも槍術も申し分ない。
普段ゆったりしてるのに戦闘となると素早いです。



微笑むことはあっても、にっこり笑うのはあまりない。エステバンの前ではよくあるようです。
なんだかんだで人の心を開かせることはあっても自分の心を開くことはあまりないかもしれない。
[ 2005/12/16 19:40 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)

ミリアン 



ミリアン(レパルダス♀)

本当の名前はマクシミリアン。でも長いしミリアンのほうが可愛いのでミリアンで名乗ってる。
王冠の子エステバン、助言と名声と保護のライマンド・ロベルト、大空の戦士ルイス、チームの守護者ヴィレムと名前に役割を持たされた人が多いレジスタンスの中では唯一名前に役割を持たない。そのため名前負けしてることを非常に気にしている。周りからすればそんなの気にしなくていいじゃん的な。

性格はまっすぐなようなひねくれてるような。悪い子じゃありません。その証拠にゲームでもイカサマを覚えてません(?
よく自分可愛い的な発言してるけど、実は自分って可愛くない子だなって思ってる。もっと素直になりたいらしい。なのでヴィレムが羨ましい。どうしても暴言吐いて相手を突き放してしまう。ルイス然り。
エステバンにはよくなついてます。自分の甘えを見ぬいて正しい方向に直してくれた人だから。あと密かにライマンドにも懐いてる。
女の子なので恋愛話が好きです。みんなもっと恋愛すればいいのにと思ってる。念のためミリアンがエステバンに抱く感情は憧れであって恋愛要素は一切ありません。

生まれてすぐ両親が流行病で他界し、親戚の靴屋の家で育った。レパルダスの義兄がいました。
本当なら普通の女の子として育つはずだったのに、他国の戦争孤児に家族を奪われて平穏な日々は消えた。それがエアームドであることは知っていたけれども、領主の孫であることも戦争孤児であることも知らなかった。ただ自分の家族を奪ったヤツとしての認識しかない。顔だけは強烈に記憶に焼き付いていました。
ギアという名前を知ったのは、彼が軍に入ってから。ルイスとロベルトに「エアームドが軍に入った」ってことを伝えられて、ライマンドにお願いしてこっそりこっそり軍基地を覗きに行った。そしたら、あれ!?あいつじゃん!!ってかんじ。
ギアが軍に入ったのは2年前。そのため4年前の軍基地襲撃のときはギアには会えずじまいでした。あいつはいるんだろうかって思ってみんなについてったけど結局どこにもいなかった。
エステバンがミリアンを拾ったのは、幼くして生きる力を失ったからであってチームに入れるためではなかったけれども、ヴィレムやエステバンが特訓してるのを見て、自分もあのエアームドを倒せるだけの力がほしい!と思って武器の扱いを教わった。というわけで偶然が重なって実質軍人に恨みを持ってるかんじに見えてる。
ミリアンからしてみればギアは完全な悪者ですが、それは彼に何があったかを全く知らないからであって、決して彼がすべて悪いわけではない。しかし彼が自分の殺した人間のことを全く覚えていないのも事実。



結構な照れ屋さん。自分では連発するくせにいざ他人に可愛いと言われるとすごい照れる。「ああ…そう…ありがと…」しか言わないけど内心照れくさくてしょうがない。
好物は甘いもの。ホイップクリームプリンが好き。あげると普通に食べる。でもあんまり食べ過ぎて太ったらロベルトの鬼畜さが増すので控えめに食べる。
身体は女の子にしても細いです。痩せ型。ただし怪力。普通なら恥ずかしがるところだけど、ミリアンの場合自分の怪力は自慢する要素のひとつ。りんごを素手で握りつぶせます(怖)かよわい女の子を自称しといてそれってどうなの。
でも体重がライマンド以上ロベルト未満と知ってものすごいショックを受けたことがある。1週間落ち込んだ。あいつらが軽すぎるだけなんだよ…

ミリアンの靴は、エステバンに拾われたときに履いていたものと全く同じ。
ロベルトが彼女の靴のデザインに悩んだとき、そういえばミリアンは靴屋の娘だったな~と思ってそのままのデザインで大きさだけ調節して作った。ミリアンのお気に入りです。
当然最初履いていたものは破損していたので、そこは想像力で補完した。というわけでロベルトの服飾技術は尊敬してる。
でも服を作るときに身体触られたことだけは未だ根に持ってる。当時8歳。



復讐心は揺らがない。けれどもギアにも仲間がいるということに気づいて以来彼を殺すことが本当に正しい選択なのかと悩むように。ロベルトに何度も何度も「本当に復讐がしたいか」と聞かれすべてイエスと答えたので引き返せないというのもあるし、復讐するためにここまで育ってしまったので今更武器を捨てるようなことはないと思われる。
そして復讐を果たしたら自分はもうこの世界にいなくていいと思ってる。
[ 2005/12/12 02:52 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。