スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ライマンド・ロベルト 



ライマンド・ロベルト
どちらもバイバニラ♂です。おそらく原型バイバニラのうちにっこり笑ってるほうがライマンドで目を開けてるほうがロベルトだと思われる。ロベルトがにっこり笑ってたら嫌だ。

「多分」22歳前後。ついでに言うなら「多分」男。
生年月日については本人たちも覚えてないしどうでもいいと思ってる。今現在偶然外見年齢と実年齢が一致してるだけで、0歳でも100歳でも1000歳でも見た目は変わらない。仮に今22歳だとすると、エステバンを拾ったとき彼らは7歳です。
ライマンドは右利き寄りの両利き、ロベルトは左利き寄りの両利き。本当はふたりとも両利きだったんだけど、ロベルトは左手で細かい作業してたら左利きに、ライマンドはロベルトの「人間は右利きのほうが多い」という認識により右手に剣を持たされて右利きになってた。
右手でも左手でもご飯食べれます。
意外にも身長は175cmを切ってる。D軍の龍崎のほうが身長上です。

見た目はそっくりなのに中身は正反対。でも基礎となる考え方は一緒。
魔法、お調子者、料理、知恵、助言と保護がライマンド。剣、ポーカーフェイス、鍛冶服飾、知識、名声がロベルト。ついでに名前の綴りはふたりともRで始まりOで終わる。
あくまで名声を打ち立てるのはロベルトであり、ライマンドは助言・保護のみ。でもロベルトは目立つのがあまり好きじゃないから結局ロベルトが打ち立てた名声をライマンドが受けてる。というかロベルトにとって名声は飾りでしかない。
お互い相棒には何があっても揺るがない信頼を寄せています。相棒のためなら命なんか惜しくないと思ってる。逆に言えば相棒以外の人間はどうでもよさげ。チームの人間も例外ではありません。
やること成すこと何かと過激でぶっ飛んでて色々と常識はずれしてる。
当時8歳の女の子に「裸になれ」と言ったのは他でもなくロベルトです。そして何が嫌なのか全くわからないので反省してない。実際いやらしいこと考えてたわけじゃないので別にいいんじゃないか(滅
イッシュを荒らしたシンオウ軍に強い怒りを抱いている。そしてシンオウ軍の目的を知り、エステバン、ミリアン、ヴィレムを誘ってチームを作り、レジスタンスを結成し軍を攻撃した。
ルイスが軍を抜けてチームに入りたいと言ったとき、ライマンドは「そんな簡単に軍人を信用できるか」と言って拒否したけど、「捕まった君の仲間を助けてあげる」と言われて一瞬で信用した。それだけロベルトが大切。
ライマンドもロベルトも相棒がいないと本来の力を発揮することができず、そういう意味では相棒がいないと何も出来ない。

夏はライロベが暑さで死ぬ都合上こいつらの「ホーム」にチーム全員集まるけれども、それ以外は基本自由にさせてる。月に1回以上ロベルトのところに来て試験(という名のスパルタ教育)をやる。ライロベにとっては毎日来てくれてもいいんだけど、今のところヴィレムの2日に1回が最も頻繁。
ロベルトと組み手するのがたまになだけで自主練は全員毎日やってます。
ちなみに大金持ち。でもあまり大金持ちっぽい生活はしてない。無駄遣いは許しません。



時折優しげで悲しげな表情を見せる。
自分たちの心は作り物だという認識があるので、優しい人だと思われると複雑な顔をする。一応感情はあるけれども、何を聞き何を見て怒り何に触れて悲しむのかは本人たちにもわからない。
愛というものを理解できず、恋愛とは一生無縁と思われる。異性にそういう感情を抱くこともないし、そもそも理解してないから、相棒が恋人代わりじゃねーの?って思ってる。ちょっと違わねーか?
「施設」と呼ばれる場所にいた。生まれてすぐ周りの人間への怒りを覚え、それを一切隠さず生活していた。「施設」にいたころは軟禁状態だったらしく、ロベルトは右頬に「01」、ライマンドは左頬に「02」の文字が刻まれていた。ついでに今も着てるあの服は「施設」で暮らす「息子」たちの制服になるはずだったもの。
父親の歪んだ愛情と、彼を異端視する助手たちのさげすみの目の中で生きていたため、よろしい育ちではない。化け物だの器だの兵器だの言われてたらしい。化け物と呼ばれることを極端に嫌うのはこれが理由です。
戦のために生まれたとはいえ、自分たちにも人間として貫きたい意思はあったため、それを解放するために施設ごと爆破し外の世界に出ることに。やっぱりやり方が過激。
憎くてたまらなかった父親も、施設爆破の直後に殺してます。

仲間には父親のことは話してるけれども母親のことは一切話してない。
というより母親がいない。死んだとか知らないとかじゃなく、いない。ライマンドの女嫌いはこれも理由のひとつです。



好物はお好み焼き。本場のお好み焼きが食べたいのにジョウトがあんなんなっちゃったせいで食べれないことを非常に悔やんでいる。でもジョウトが好きなわけじゃない。
お好み焼き奉行。お好み焼きを軽く見てるやつはろくなやつじゃないと思ってる。お好み焼きを笑う者はお好み焼きに泣く。ライマンドの作るお好み焼きは関西風。絶品です。
[ 2005/12/11 02:14 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。