スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミリアン 



ミリアン(レパルダス♀)

本当の名前はマクシミリアン。でも長いしミリアンのほうが可愛いのでミリアンで名乗ってる。
王冠の子エステバン、助言と名声と保護のライマンド・ロベルト、大空の戦士ルイス、チームの守護者ヴィレムと名前に役割を持たされた人が多いレジスタンスの中では唯一名前に役割を持たない。そのため名前負けしてることを非常に気にしている。周りからすればそんなの気にしなくていいじゃん的な。

性格はまっすぐなようなひねくれてるような。悪い子じゃありません。その証拠にゲームでもイカサマを覚えてません(?
よく自分可愛い的な発言してるけど、実は自分って可愛くない子だなって思ってる。もっと素直になりたいらしい。なのでヴィレムが羨ましい。どうしても暴言吐いて相手を突き放してしまう。ルイス然り。
エステバンにはよくなついてます。自分の甘えを見ぬいて正しい方向に直してくれた人だから。あと密かにライマンドにも懐いてる。
女の子なので恋愛話が好きです。みんなもっと恋愛すればいいのにと思ってる。念のためミリアンがエステバンに抱く感情は憧れであって恋愛要素は一切ありません。

生まれてすぐ両親が流行病で他界し、親戚の靴屋の家で育った。レパルダスの義兄がいました。
本当なら普通の女の子として育つはずだったのに、他国の戦争孤児に家族を奪われて平穏な日々は消えた。それがエアームドであることは知っていたけれども、領主の孫であることも戦争孤児であることも知らなかった。ただ自分の家族を奪ったヤツとしての認識しかない。顔だけは強烈に記憶に焼き付いていました。
ギアという名前を知ったのは、彼が軍に入ってから。ルイスとロベルトに「エアームドが軍に入った」ってことを伝えられて、ライマンドにお願いしてこっそりこっそり軍基地を覗きに行った。そしたら、あれ!?あいつじゃん!!ってかんじ。
ギアが軍に入ったのは2年前。そのため4年前の軍基地襲撃のときはギアには会えずじまいでした。あいつはいるんだろうかって思ってみんなについてったけど結局どこにもいなかった。
エステバンがミリアンを拾ったのは、幼くして生きる力を失ったからであってチームに入れるためではなかったけれども、ヴィレムやエステバンが特訓してるのを見て、自分もあのエアームドを倒せるだけの力がほしい!と思って武器の扱いを教わった。というわけで偶然が重なって実質軍人に恨みを持ってるかんじに見えてる。
ミリアンからしてみればギアは完全な悪者ですが、それは彼に何があったかを全く知らないからであって、決して彼がすべて悪いわけではない。しかし彼が自分の殺した人間のことを全く覚えていないのも事実。



結構な照れ屋さん。自分では連発するくせにいざ他人に可愛いと言われるとすごい照れる。「ああ…そう…ありがと…」しか言わないけど内心照れくさくてしょうがない。
好物は甘いもの。ホイップクリームプリンが好き。あげると普通に食べる。でもあんまり食べ過ぎて太ったらロベルトの鬼畜さが増すので控えめに食べる。
身体は女の子にしても細いです。痩せ型。ただし怪力。普通なら恥ずかしがるところだけど、ミリアンの場合自分の怪力は自慢する要素のひとつ。りんごを素手で握りつぶせます(怖)かよわい女の子を自称しといてそれってどうなの。
でも体重がライマンド以上ロベルト未満と知ってものすごいショックを受けたことがある。1週間落ち込んだ。あいつらが軽すぎるだけなんだよ…

ミリアンの靴は、エステバンに拾われたときに履いていたものと全く同じ。
ロベルトが彼女の靴のデザインに悩んだとき、そういえばミリアンは靴屋の娘だったな~と思ってそのままのデザインで大きさだけ調節して作った。ミリアンのお気に入りです。
当然最初履いていたものは破損していたので、そこは想像力で補完した。というわけでロベルトの服飾技術は尊敬してる。
でも服を作るときに身体触られたことだけは未だ根に持ってる。当時8歳。



復讐心は揺らがない。けれどもギアにも仲間がいるということに気づいて以来彼を殺すことが本当に正しい選択なのかと悩むように。ロベルトに何度も何度も「本当に復讐がしたいか」と聞かれすべてイエスと答えたので引き返せないというのもあるし、復讐するためにここまで育ってしまったので今更武器を捨てるようなことはないと思われる。
そして復讐を果たしたら自分はもうこの世界にいなくていいと思ってる。
[ 2005/12/12 02:52 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。