スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サロメ 



サロメ(ウルガモス♀)

年齢不詳。でも我が家では伝説を抜かすと間違いなく最年長です。5桁はいってると思われる。
153cmの低身長さん。せめてあと5cmでいいからほしかった…
外見何歳かは決めてないですが、多分20代前半くらいじゃないかな~。

古代の城が栄えていた時代に、繁栄の裏でひっそりと育てられたウルガモス。永い永い時を「家」の中で過ごした。家が崩壊して外の世界へ踏み出したのは50年ほど前。
家にいたときは外の世界への憧れは一切持たず、逆に争いが絶えない世界へ恐怖心をいだいていた。どうやら昔から臆病者だったようです。しかし家が崩壊したことによりそうも言ってられなくなったので、怯えながらイッシュを歩き始めることに。
途方も無い旅に出てすぐの頃からちょっとした争いはあったけれども、今は「あのときはまだ平和だった」と思ってる。少なくとも昔は自分まで戦わなきゃいけなくなるなんてことはなかった。

家の中では毎日変わらない時間を過ごしていました。
起きてごはんを食べて遊んでごはんを食べてお昼寝して遊んでご飯食べて遊んで寝て。毎日それだけ。真っ白な空間の中で積み木やあやとり、けん玉などをして遊んでいました。毎日毎日そんなことして虚しくないのかって話だけど、何があるのか予想もつかない外の世界に出るくらいならこういうことしてるほうがマシだと思ってたようです。
なぜか生まれたときから一緒にいたメラルバも同じ部屋で育ったので寂しくはありませんでした。人間ではなく原型のメラルバ。サロメとのみ会話することができます。

サロメという名前は、外の世界に出て最初に出会った人物であるケサーリに名前を聞かれてとっさに答えてから名乗るようになった。本当の名前もあるんだろうけど、今はとりあえずサロメ。名無しとか偽名とかじゃなく、ただ単にあまりにも呼ばれなさすぎて本名を忘れてしまっただけです。
サロメ=平和。とっさに名乗った割には、争いを嫌う彼女にはよく似合っている名前です。



可愛い・カッコイイ・面白いなどとにかく個性的な子を見つけたら絡みに行く。老若男女問わずちゃん付けで可愛がる。我が家だとミリアンちゃん・ライマンドちゃん・ロベルトちゃん・ヴィレムちゃん・ゼーレちゃん・エリックちゃんがターゲット。ヴィレムちゃん以外は本人が「やめろ近づくな」って言うだけだからいいけど、ヴィレムちゃんの場合は手を出したらロベルトちゃんが怖いから迂闊に手を出せない。一番恩があるように思えるケサーリをちゃん付けしないのは、彼に対する感情は憧れであって可愛がるとかではないから。
ケサーリに会うまでまともに他人と付き合っていなかったから、その反動だと思われる。たまに自分のことをサロメちゃんとか言ったりするけど、ただのノリであって自分が可愛いと思ってるわけじゃないです(ん
今だからちゃんと人と話せるけど、昔はまともに話せたモンじゃなかった。「え、あ、うぅ…」とかそんなモン。徐々に慣れていきましたが、まだちょっとぎこちない気もする。

争いが嫌いなのは、自分が死ぬとか相手を殺すとか仲間が殺されるとかが怖いから。トラウマがあるわけではない…と思っていたけれども、ゼーレと出会ってからはそうも言えなくなった。
フェリシアという名前で生きていた前世は争いにより何もかもを失い、生きる希望を失って自害している。フェリシア(Felicia)=幸運。決して幸運な人生ではなかった。
その話をゼーレがサロメの魂から聞き出し、ゼーレが本人に話した。出会う人すべてが敵に見えたり、何をするにも臆病な性格が見え隠れしたりするのも、これが原因なのかもしれない。



決して幸せな生き方はしていない彼女だけれども、自分によくしてくれる仲間がいる今はとても充実していると思ってる。
永い時を共にしたメラルバは今はウルガモスとなり、今も姿を変えてサロメのそばにいます。
[ 2006/01/06 13:41 ] 擬人化語り | トラックバック(-) | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。